子育て世帯への臨時特別給付金(市独自制度による上乗せ給付あり)の給付について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援する取り組みの一つとして、国では児童手当を受給する世帯(0歳~中学生のいる世帯)に対し、臨時特別の給付金(一時金)を支給することとなりました。

市では、臨時事態宣言に伴い休校・休園等の期間が5月31日まで延長されたことに関連して、子育て世帯の経済的負担を軽減することを目的として、市単独事業による子育て世帯への臨時特別給付金の上乗せ給付を行います。なお、市独自制度では、国制度では給付対象とならない特例給付受給者についても、給付の対象とします。

受給者

●令和2年4月分児童手当受給者

●令和2年3月分児童手当受給者のうち支給対象児童が15歳の年度末を経過した等で受給権が消滅した者

支給額

【国制度分】

児童手当対象児童一人につき10,000円(特例給付受給者を除く)

【市上乗せ分】

すべての児童一人につき10,000円(特例給付受給者を含む)

支給時期

1.一般の方 令和2年6月10日支給の児童手当と同時に支給

2.公務員の方 令和6月から9月まで随時申請を受け付け、随時支給

手続きなど

1.一般の方 申請は不要です。(受給を希望しない場合は、受給拒否の届出書を提出してください)

2.公務員の方 一般受給者の方へは、勤務先から案内がありますので、令和2年6月から9月までの間に、市役所へ申請書を提出してください。(特例給付受給者の方は、勤務先から案内がありませんので、健康福祉部児童家庭課へお問い合わせ下さい)

【お問い合わせ】  健康福祉部 児童家庭課  0575-67-1817