紹介します!郡上市内の外遊びスポット⑥

星宮神社〈美並町〉

今回は、郡上市美並町高砂(粥川)にある「神社」を紹介します。
「星宮神社」は高賀山を囲む甲賀六社の一社です。
この「星宮神社」は平安時代の藤原高光が創建した甲賀六社の一社です。この神社には、藤原高光にまつわる妖怪退治の伝説が残っています。帝の命で妖怪退治のために山に分け入った高光が道に迷ったとき、虚空蔵菩薩の使いと言われるうなぎの道案内で無事山頂にたどり着くことができ、うなぎを神の使いとして大切にするよう命じたことから、今日に至るまで粥川の人たちは、うなぎを大切に守り続けているそうです。
星宮神社の本尊である虚空蔵菩薩は、計り知れない幸福や知恵を与え、人々の願いをかなえてくれると信じられています。特に、「ぜんそく」、「眼病」治癒にご利益があるとも言われています。
神社のとなりには、「円空ふるさと館」と「美並生活資料館」からなる「美並ふるさと館」があります。入館は有料となりますが、約90体の円空仏や美並の昔の暮らしぶりをジオラマでご覧いただけます。
星宮神社を奥に進むと、杉の並木道が谷川沿いに続いています。高くそびえ立つ木々が暑さを防ぎ、夏でも涼しさを感じながら散歩ができ、道の脇を流れる水路の水は、とても冷たく気持ちがよいです。
鳥のさえずり、虫の声、谷川のせせらぎの音などに耳を傾けながら、マイナスイオンをたっぷり浴びることもできます。
親子で由緒ある「星宮神社」に出かけ、歴史や伝説を肌で感じたり、自然の中でゆったり癒しの時間を過ごしてはいかがでしょうか?