紹介します。郡上市内の外遊びスポット⑧

古今伝授の里フィールドミュージアム(国名勝・東氏館跡庭園)〈大和町〉

今回は、郡上市大和町牧の「古今伝授の里フィールドミュージアム」内にある「国名勝・東氏館跡庭園」を紹介します。
中世の郡上を治めた東氏は、和歌に優れた才能をみせた一族で、特に9代常縁は「古今伝授の祖」として知られています。居城とした篠脇城の麓一帯を東氏や古今伝授にちなんだ和歌をテーマとした野外博物館として整備されたのが「古今伝授の里フィールドミュージアム」です。
記念館や博物館、レストランなどが立ち並ぶ一帯から県道を挟んだ向かい側に「国名勝・東氏館跡庭園」があります。ここは東氏の館跡で、美しい石組をもつ池泉庭園は昭和62年(1987年)に国の名勝(文化財)に指定されました。庭園内は芝生が一面に広がり、バッタやトンボなどの虫にも出会えます。また、池ではかわいいメダカも見ることができますよ。親子で庭園内をお散歩したり、虫探しや虫とりを楽しんではいかがでしょうか。遊び疲れたら、東屋で休憩もできます。お弁当を持参してゆっくりすごしてもよいですね。大自然の中で食べるお弁当の味は格別だと思います。
短歌の里交流館「よぶこどり」には、「みんなのトイレ」があり、別に授乳室もあります。
また、「古今伝授の里フィールドミュージアム」の隣には、毎年8月7日に行われる薪能「くるす桜」で有名な「明建神社」があります。樹齢700年と言われている大杉が出迎えてくれ、歴史の重みを感じさせてくれます。境内に立ち、木々の間から差し込む陽の光に照らされると、不思議なパワーをもらえるような気持ちになります。
この秋には、美しい紅葉に包まれる「古今伝授の里フィールドミュージアム」や神秘的な「明建神社」に親子で出かけ、歴史や文化、自然をたっぷり味わいながら、楽しいひと時を過ごしてはいかがでしょうか。

※庭園内の石組みや用水路はそのままのかたちで地中から発掘され、埋め戻すことなく露出して保護されています。そのため、池や用水の石の上に乗ることや、池の中に入ることも禁止されています。
また、多くの遺構は地中に埋め戻して土をかぶせて保管してあり、芝生はその保護用の土を流出させないためのものなので、一般の方がテントを立てることは禁止されています。散策や個人のボール遊び等以外で庭園を利用される場合は、古今伝授の里フィールドミュージアム(電話0575-88-3244)までお問い合わせください。