命の大切さを学ぶ~あかちゃんふれあい体験~

「子育て世代に安心して郡上に住んでいただき、たくさんのお子さんを産んで育ててほしい」というのが郡上市の願いです。郡上市では乳幼児を持ったお母さんが様々な体験を通して子育てについて学んだり、子育て中の親子が自由に集う場を開設しお母さん同士の出会い・交流の場の提供をしています。

その中のひとつ、『赤ちゃんふれあい体験』について紹介します。

市内の全中学校の3年生を対象に、乳児とのふれあいやお母さんとの交流を通して、生徒が命の大切さや温かさを学びます。

乳児親子との交流を前に、命の奇跡について学び、赤ちゃん人形を使用して抱っこの方法などを練習します。この体験は、参加した母親にとっても、自らの子育てを振り返ったり、我が子への愛情を再確認したりするとても貴重な場になっています。

体験を通して赤ちゃんへの関心を深めた生徒さんとふれあい体験に参加したお母さんの声を紹介します。

✿生徒さんの声

普段、あんなに小さな赤ちゃんと関わることがないので、とてもドキドキしていました。泣かれたりしたけど、遊んでいる時などに笑ってくれたりして、とてもうれしかったです。小さな手でにぎってくれて、とてもかわいいなと思いました。お母さん方の話をきいて、子育てはとても大変ということが分かったけど、あんなかわいい子とずっと一緒にいられるのが、とてもうらやましいなぁと思いました。

生徒さんの声

赤ちゃんを抱いて、とてもかわいいと思った。親さんの話を聞いて、生む時にこんな大変な思いをして生んでいる事を知った。でも、生まれたらその大変さを忘れるくらい幸せと聞いて、赤ちゃんは大切な存在なんだなと思った。

お母さんの声✿

中学生の皆さんの優しさにたくさんふれることができました。実際赤ちゃんに触れることなんて怖いだろうし、たくさん不安もある中で、本当に上手にあやしてくれました。私自身も自分の子どもの未来の姿を思い浮かべたり、これまでの子育てを振り返る良い機会となりました。

✿お母さんの声✿

あと10数年でこの子たちのように大きくなると思うと、毎日大変であわただしくすぎてしまっているけど、11日子どもとの時間を大切にしたいと思いました。今日の体験で中学生の子たちが少しでも親へ感謝の気持ちをもってくれたらと思いました。