子育て応援メッセージ⑫

今回の担当は、児童家庭課子育てアドバイザーの野田です。

前回に引き続き、私もクリスマスに関する話です。
「サンタクロースってほんとうにいるの?」こんな質問がお子さんからきて、どっきりしたことはありませんか。
私も娘が幼い時は、「サンタさんからのプレゼント」の演出ために、プレゼントの置き方、演出の仕方など、色々工夫したものです。クリスマスの朝「サンタさん、来たんだねえ!」という感激に、親子でひたりながら・・
子どもたちは、いつかはプレゼントがどこから来るのか、悟るわけですが、幼児期の子どもたちが、「うちの、サンタさんはねえ。」「窓から入ってきたんだよ」などと、子どもたち同士の会話が弾んでいて、それを聞くのもこの時期ならではの楽しみです。
私にとってのクリスマスの想い出は、自分が子どもの時。父が買ってきた、もみの木に毎年、同じ飾りをつけて、その日が来ることを何よりも楽しみにしていた、家族の時間です。
父の帰りが遅くて、待ちきれずにケーキを食べてしまい、帰ってきた父が、とっても残念そうな顔をしていたこと。「一緒に、メリークリスマス!」と言えることが、遅くまで働いていた父の願いだったのかな。
親になると、「家族で過ごした時間」が大切であることに気づき、年月が過ぎると、その記憶が積み重ねられて、今の自分があることを感じるようになります。
ママやパパたちには、子どもたちと、サンタさんを巡る話ができる今を楽しんでほしいです。

 

「サンタクロースはね、いるんだよ。」と胸をはって子どもに言いきれる、大人になりたいですね。

「サンタクロースってほんとうにいるの?」福音館書店から絵本が出ています。